レンズの手入れ

双眼鏡などのレンズの手入れの正しい方法を伝授しましょう。

まず禁じ手から、

ハンカチで拭く。

つばをつけたティッシュで拭く。

眼鏡クロスで拭く。

双眼鏡に付属のふき布で拭く。

繰り返し使用の布で拭く。

ブロワーでホコリを飛ばさずに拭く。

汚れたら頻繁に拭く。

絶対いけません。

上記はレンズ表面のコーティングを痛めるばかりでなく、場合によっては、レンズのガラス自体に傷をつけます。 絶対やめましょう。レンズを拭くのは、指紋などをつけてしまってどうしようも無い時だけにしてください。

正しいレンズの掃除の方法は、以下の手順で。

まず手を石けんで洗います。 ブロアーやエアーダスターでレンズ表面のホコリを吹き飛ばします。 レンズペーパーにレンズクリーナーをちょっとしみ込ませそっと指紋を拭います。 ふきムラを気にしてごしごし拭いてはいけません。

拭きムラや多少のホコリは見え味に殆ど影響はありません。どうしても気になる時は、 メーカーや販売店にお掃除に出しましょう。

あと、レンズの中に入ったほこり、絶対に分解して自分で掃除してはいけません。 対物レンズは非常に精密に作られていて、ちょっとレンズの間隔がずれたり、 合わせる位置が回転したりすると、調整が狂ってしまい見えが悪くなります。 私でも触らない領域です。メーカーで掃除してもらう事です。 そんな時はメーカーに連絡をしますので、うちにメールください。電話ください。取り次ぎします。