HOME > コラム・特集・動画 > デジカメで月の撮影

デジカメで月の撮影

望遠鏡で月や惑星を観測するのは、海や山など星空の美しい場所へ出向かなくてもでき、 もっとも手軽に出来る天体観測のひとつです。

特に、月は明るく大きいので、最初に望遠鏡の筒先を向ける天体としてもっとも適した天体です。 また地球のまわりをまわり、天体望遠鏡で観測する天体としては、最も地球に近い場所にあり、 小型の望遠鏡でも表面の地形の詳細を良くみる事ができます。

自由研究で天体観測をするとして、一番のオススメは、月の観測です。せっかく月の観測を自由研究に選ぶのなら、観測する天体の詳細を色々と調べて見ましょう。 図鑑や、インターネットなどで色々と調べてみる事をオススメします。

みなさんが、社会科見学をする前に、教室で先生からいろいろな事をおしえてもらったり、 資料集やインターネットで社会科見学することがらに付いていろいろなことを下調べをしますね。 それと一緒で、まずは月に関する事柄を、色々と調べて見て下さい。

・月はどうしてできたのか。
・月の模様(もちをつくウサギ)はなんなのか。
・アポロ計画
・月の満ち欠け
・潮の満ち引き
・月のクレーター、月の山脈、月の谷
・まったく空気がない月の表面の地形とわずかに大気のある火星と地球の地形の違いを色々調べて見ましょう。

たとえば、宇宙航空研究開発機構のホームページ でいろいろな事が調べられます。


月の観測

月は、望遠鏡がなくても、肉眼でもできますし、お手持ちの双眼鏡でも地形の大まか部分がとらえられます。 しかし望遠鏡があると小型の望遠鏡でも月面上の直径10キロのクレーターが楽に見えます。 月の観測の仕方の詳細は、うちで売っている三種類の望遠鏡に付属する私が作った「星空ガイドブック」や、 セット品の「天体観測図鑑」にくわしく出ています。 また、精密月面図ポスターを見れば、クレーターや地形の名前がでていますので参考にされると良いでしょう。

実際に望遠鏡を手に入れて月を観察してみましょう。 まずは肉眼でどのような地形があるか、どんな色をしているか、どんな種類のクレーターがあるか、 注意深く観察してみましょう。

地球にもクレーターはありますが、なぜ月にはクレーターが多いのか考えてみても面白いでしょう。

また、図鑑やガイドに頼って自由研究を作り上げても良いのですが、 せっかく望遠鏡を手にいれたのなら、自分なりにスケッチをしたり、デジカメを使って撮影してみると楽しいものです。

それをプリンターで印刷し、精密月面図で調べた地名を書き込んだり、 さっきご紹介したホームページや図鑑を見て分かった事を書き込めば、 立派な自由研究レポートが仕上がると思います。


月の撮影

月のクレーターの撮影には、なにも大掛かりな機材が必要な訳ではありません。 ここで紹介する二枚の写真は、携帯電話のカメラで私の友人(ペンネームp-miniさん)が撮影したものです。 自分で望遠鏡をのぞくかわりに、携帯電話のカメラに望遠鏡をのぞかせて撮影したものです。

皆さんが挑戦する場合、まずは、20mmや25mmなどの、低倍率のレンズで挑戦してみてください。携帯電話の機種により多少の向き不向きがあるようですが、なかなか面白い写真がとれるでしょう。

d01.jpg(38550 byte) d02.jpg(45095 byte)

また、印刷できるような、もう少し大きな写真を撮りたければ、 コンパクトデジタルカメラで撮影して見てはどうでしょうか。

さっきの携帯電話のカメラで撮影したように、コンパクトデジタルカメラを手でもって、 液晶画面を見ながら望遠鏡をカメラにのぞかせて撮影します。

デジタルカメラでは、撮影時に様々な設定が可能なものが多いです。ピントを無限遠に固定したり、露出補正、ホワイトバランスなどの数値を設定して、ベストの撮影方法を模索してみてください。ベストの設定は、カメラの機種や撮影したい天体、空のコンディション等で、変化します。色々と実験してみてください。

d03.jpg(52420 byte) d04.jpg(38090 byte) d05.jpg(77834 byte)

本格的に撮影するには、下の写真の様なユニバーサルデジタルカメラアダプターを買って それで取付けると安定して撮影ができますし、失敗がなくなります。 でも、手持ちでも上手に撮影する方はたくさんいらっしゃいます。

d06.jpg(161007 byte)

撮った写真は、撮った日時を記録し、パソコンできちんと整理しておくと、 あとで比較したり、調べたりする時便利です。

皆さんが天体観測に上達し、 きちんと勉強をすればこの下にあるような写真を撮る事も近い将来できる様になるでしょう。

デジカメ d09.jpg(13013 byte) d10.jpg(66937 byte)
Copyright(C)2012 Scopetech Co. All Rights Reserved.
メインメニュー

セレーネ

(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

相互リンク

ご注文・お問い合わせ

ご質問などお気軽に!

ホームページ上からご注文を受付しておりますが、 電話でも、ご注文をうけたまわります。

営業時間: 13~18時

休業日: 日・月・祝、他、下のカレンダーをご確認ください。

町田市の成瀬駅にあるショールームの営業日は、こちらをごらんください。

フリーダイヤル

13~18時。営業日は下のカレンダーをごらんください。携帯OKです。

ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!

IP電話などフリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687まで。

メール

webmaster@scopetown.jp

携帯OK。ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!IP電話など、フリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687までどうぞ。

カレンダー

ご注文からお届けまでの日程はこちらを

カレンダー