HOME > 商品一覧 > スコープテック&ヒノデ 星座望遠鏡

ラプトル

スコープテック & ヒノデ 星座望遠鏡

価格 6,800円(税・送料・手数料込)

星座を見るための小さな望遠鏡です。

在庫あります。

お届けまでの日程は、「スコープタウン在庫・発送・お届けのポリシー」をごらんください。返品期限、返品条件についてはこちらをごらんください。

ご注文はこちらから!

オプションを選んで「かごに入れる」ボタンをクリック!

オプション ポケットパノラマ星座図鑑540円

オプション 日めくりカレンダー 星空ごよみ 2018 +1,296円

こんな天体を見ることができます。

ラプトル

・肉眼と比べて、見える星がグッと増えます。

・都会の星空で、肉眼で3等星まで見えているとき、星座望遠鏡なら4等星まで見ることができます。見える星の数は、なんと2.55倍!

・普通の双眼鏡や天体望遠鏡と比べると、倍率が低い分、視野がとても広いので、星座全体を一つの視野の中に入れることができます。

セット内容について

本体のほか、ソフトケース、ストラップが付属します。

商品詳細

倍率: 1.8倍

口径: 40mm

実視界: 24度 (~30度/詳しくは、コラム「星座望遠鏡の実視界とアイレリーフについて」

アイレリーフ: 16mm (~5mm/詳しくは、コラム「星座望遠鏡の実視界とアイレリーフについて」

コーティング: 全面マゼンタコート

大きさ: 直径46mm(ストラップホール部分48mm) × 高さ35mm(最小時)

重量: 77g

生産国 中国

設計 日本

梱包(箱)サイズ: 75mm × 43mm × 75mm

梱包(箱)重量: 125g

付属品: ストラップ、ソフトケース、説明書

JANコード : 4589832930014

双眼鏡専門メーカーである日の出光学の協力のもと、企画開発しました。

保証期間

保証期間は1年です。

星座望遠鏡について

星座望遠鏡は、都市部の空でも、星座の観察ができる望遠鏡です。星の少ない空でも、星座望遠鏡を通して見てみれば、驚くほど多くの星が見えてきます。

スコープテックのある東京都町田市では、街灯をできる限り避ければ、肉眼で、3等星までは見えます。下のような感じですね。


上の「星座線を消す」ボタンをクリックしてみてください。左下のオリオン座や右上のぎょしゃ座は、星座線がなくてもだいたいの形がわかりますね。しかし、ふたご座は、カストルとポルックスのほかに少し明るい星があるものの、ほとんどの星は暗く、星座の形をとらえるのは難しいです。

さて、そのふたご座を星座望遠鏡で見てみましょう。肉眼プラス1~2等ですから、4~5等星くらいまで見えてきます。下の図がそのイメージです。


こちらも星座線を消してみてください。星座線がなくても、なんとなくふたご座の形がわかるでしょう? さらには、星座線から外れた場所にも、小さな星が結構見えてきます。これが星座望遠鏡の力です!

次に、神奈川県南部(都心から50キロ、横浜から20数キロ)の空。海の近くまで行き、15分ほど暗闇に目を慣らせば、4等星までは見えますから、だいたい下の図のようなイメージです。この街に限らず、都市圏のベッドタウンの多くはこういう感じですよね。


おうし座のうしろのところにプレアデス星団(すばる)が見えますね?プレアデス星団は小さな星の集まりですが、私の場合は普段、肉眼で少なくとも5つの星を確認しています。さて、このおうし座を星座望遠鏡で見てみると・・・


おうし座の顔の辺りに、たくさんの小さな星が見えます。プレアデス星団も、だいぶ細かい星が見えてきましたね!

星座望遠鏡を通して星空を見ると、肉眼プラス1~2等級くらいまでの星が見えてきます。(つまり、肉眼で見えるよりも、一段暗い星が見えるのです。)双眼鏡の中には、肉眼プラス4等級前後まで見えるものもあるので、双眼鏡として考えれば普通のことですが、星座望遠鏡が普通じゃないのは、その視界の広さです。

星座望遠鏡は24度の広視界です。下の2つの図が星座望遠鏡の視界をあらわしたものですが、オリオン座の主要部分や、北斗七星が一つの星をのぞいて、視界の中に収まるのがわかります。一般的な双眼鏡の視界は5~9度程度(下の図の赤点線が9度)ですから、この24度がいかに広いかわかります。

星座を丸ごとカバーできる視界の広さがあるうえで、肉眼プラス1~2等級が見えるというのが、星座望遠鏡の楽しいところであり、普通の双眼鏡とは全く異なるところです。

星座望遠鏡で楽しめるのは、星が少ない都市部の空だけではありません。条件の良い高原の空では、下の図のように肉眼でも天の川が見えます。


そこで、星座望遠鏡をその天の川に向けてみましょう。


天の川の中に無数の星たちが浮かび上がってきます。そして、視界を埋め尽くす小さな星たちが、星座や小さな星雲・星団とともに作る、素晴らしい景色を見ることができます。天の川が小さな星粒たちで構成されているという事実を、その目を通して実感できるかもしれません。

さてここまでの解説で、星座望遠鏡がいかに楽しい道具か伝わったかと思いますが、ご注文の前に一つだけご注意いただきたいのが視力との関係です。

視力0.1 ~ 2.0位までの人は裸眼でも問題なく使えます(ピントが合います)。 私自身は視力0.03(メガネの度が-3.5D、コンタクトの度が-2.75D)ですが、裸眼では、ぎりぎりでピントが合いません。

もちろん、コンタクトを使用すれば問題なく使えます。眼鏡着用の場合でも視界が少し狭くなりますが、使えます。

ちなみに老眼の場合は問題ありませんので、ご安心ください。

天文雑誌『星ナビ』で紹介されました。

天文雑誌『星ナビ』の名物コーナー「買う買う大作戦」で紹介されました。

ペンションスターパーティーのブログで紹介されました。

ペンションスターパーティーの名物オーナー木村さんに、全4回の非常に詳しいレビューを掲載していただきました。是非ごらんください!

星座望遠鏡 -その1-

星座望遠鏡 -その2-

星座望遠鏡 -その3-

星座望遠鏡 -その4-

写真紹介

 

Copyright(C)2012 Scopetech Co. All Rights Reserved.
メインメニュー

セレーネ

(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

相互リンク

ご注文・お問い合わせ

ご質問などお気軽に!

ホームページ上からご注文を受付しておりますが、 電話でも、ご注文をうけたまわります。

営業時間: 13~18時

休業日: 日・月・祝、他、下のカレンダーをご確認ください。

町田市の成瀬駅にあるショールームの営業日は、こちらをごらんください。

フリーダイヤル

13~18時。営業日は下のカレンダーをごらんください。携帯OKです。

ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!

IP電話などフリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687まで。

メール

webmaster@scopetown.jp

携帯OK。ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!IP電話など、フリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687までどうぞ。

カレンダー

ご注文からお届けまでの日程はこちらを

カレンダー