HOME > Q&Aと用語集 > 自動導入機は初心者におすすめですか?

大沼の天文コラム

自動導入機は初心者におすすめですか?

星の位置がわからない人に、自動導入は使えません。

星の位置が分からなくても、自動的に望遠鏡を見たい天体に向けてくれるのが「自動導入」だと勘違いをしている初心者の方が多いです。

スコープタウンにも自動導入の望遠鏡を扱っていないのか?という質問が沢山あります。

「もちろん扱っております。」と返答します。そして、「でも、季節の星座の星の配列と星座の名前や星の名前を知らないと自動導入は使いこなせないんですよ」と、お伝えします。

自動導入には初期設定が必要です。

自動導入の初期設定作業は下記の通りです。

まず、望遠鏡を説明書に書いてある方角に向けます。十字キーを使ってモーターを動かし、望遠鏡の向きを変えます。

次に、基準とする一つの星を表示されるリストより選びます。たとえば夏ならわし座のアルタイルなどを選び、基準となりうる星を視界の中央に導入します。ぴったり中心に導入し、そこで決められたボタンを押し、コントローラー内のコンピューターに視界中央にアルタイルが入った事を教えます。

正確に自動導入させるためには、3つの星でそうした作業を繰り返します。それが終わってはじめて正確な自動導入と自動追尾が行えるようになるのです。なれた人でも10分はかかる作業です。

各季節の星座の配置がわかり、その星座の中の、代表的な星の名前をいくつか知らなければ、できません。

月はもちろん肉眼ですぐに見つけられますし、見応えのある惑星も、すべて一等星よりは明るいですから、だいたいどのあたりにあるかを調べておけば、すぐに見つけられるようになります。

スコープタウンが初心者におすすめするのは、屈折式+経緯台の組み合わせです。これなら面倒な初期設定はありません。詳しくは、コラム : 初心者にとって理想的な望遠鏡ってどんなものですか? をごらんください。

自動導入のメリット

自動導入機のメリットは、肉眼やファインダーでは探しにくい暗い天体の導入です。私も便利に使っていますが、あくまで時間があるときに、じっくり星空を観察できる時に使います。

淡い星雲や星団の中には、ベテランでもたどり着くまでに四苦八苦するような天体がたくさんあります。そのような天体を見るとき、自動導入は大変便利です。また、常にデータを最新に保てば、動きの複雑な彗星を見つけるのにも力を発揮します。

自動導入は初心者ではなく、むしろ中上級者にとって便利な機能なのです。

(代表 大沼崇/スタッフ 中村)

Copyright(C)2012 Scopetech Co. All Rights Reserved.
メインメニュー

セレーネ

(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

相互リンク

ご注文・お問い合わせ

ご質問などお気軽に!

ホームページ上からご注文を受付しておりますが、 電話でも、ご注文をうけたまわります。

営業時間: 13~18時

休業日: 日・月・祝、他、下のカレンダーをご確認ください。

町田市の成瀬駅にあるショールームの営業日は、こちらをごらんください。

フリーダイヤル

13~18時。営業日は下のカレンダーをごらんください。携帯OKです。

ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!

IP電話などフリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687まで。

メール

webmaster@scopetown.jp

携帯OK。ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!IP電話など、フリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687までどうぞ。

カレンダー

ご注文からお届けまでの日程はこちらを

カレンダー