HOME > Q&Aと用語集 > 望遠鏡にカメラを接続できますか?(ラプトル50の場合)

大沼の天文コラム

望遠鏡にカメラを接続できますか?(ラプトル50の場合)

ラプトル50とカメラをつなぐアダプターは、残念ながらありませんが、月面なら比較的簡単に撮影する事ができます。

その場合の撮影方法は、接眼レンズを差し込んでから、 私たちが眼で見る位置にカメラを当てて撮影する「コリメート撮影法」 という方法になります。

コンパクトデジタルカメラや携帯電話のカメラでも撮れますが、 片手でカメラを支えるのはぶれやすくなりますので、 しっかり両手で支えてチャレンジしてみて下さい。

ラプトル50を月に向け、まずは自分の眼で覗いてピントを合わせます。ピントがあったら今度は、スマートフォンのカメラや携帯電話のカメラで撮影してみましょう。その時、カメラのレンズ部分を接眼レンズにぴったり直付けではなく、少し間をあけて覗かせるようにして撮影すると良いようです。

手で撮影していると、どうしてもブレますが、何枚も撮っているうちにきっとお友達に自慢できるような月面写真が撮れるとおもいます。

どうしても接眼レンズの縁の部分が写真の周りに写り込んでしまいますから、気になったらトリミングしてしまうのも良いでしょう。

コンパクトデジタルカメラを覗かせて撮る事もできます。スマートフォンや携帯のカメラで撮る時と同じように手で持って覗かせて撮る事もできますが、コンパクトデジタルカメラであればカメラ三脚に取り付ける事も出来ますので、望遠鏡の後ろにカメラ三脚を立てて、カメラを載せ望遠鏡の見口にまっすぐ正対させるように高さや向きを調節して撮影すると手ぶれの影響を受けず比較的シャープに月を写せるようになります。

カメラのモニターに月が写っているのを確認したら撮影です。ただし、月の動きに合わせて望遠鏡と三脚、 カメラと三脚の両方をこまめに動かすのは結構大変です。

デジカメでの撮影について詳しくは、特集「デジカメで月の撮影」をごらんください。

Copyright(C)2012 Scopetech Co. All Rights Reserved.
メインメニュー

セレーネ

(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

相互リンク

ご注文・お問い合わせ

ご質問などお気軽に!

ホームページ上からご注文を受付しておりますが、 電話でも、ご注文をうけたまわります。

営業時間: 13~18時

休業日: 日・月・祝、他、下のカレンダーをご確認ください。

町田市の成瀬駅にあるショールームの営業日は、こちらをごらんください。

フリーダイヤル

13~18時。営業日は下のカレンダーをごらんください。携帯OKです。

ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!

IP電話などフリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687まで。

メール

webmaster@scopetown.jp

携帯OK。ご購入後もこの番号で納得行くまでサポート!IP電話など、フリーダイヤルにかけられない方は042-795-7687までどうぞ。

カレンダー

ご注文からお届けまでの日程はこちらを

カレンダー