架台

架台(かだい)とは、鏡筒と三脚を結び付けている、緑で囲った部分です。

スコープテックの天体望遠鏡セットには、経緯台(けいいだい)と呼ばれる架台が採用されています。経緯台に載せることで、鏡筒を水平方向、垂直方向に動かすことができます。ほかに赤道儀(せきとうぎ)と呼ばれる架台がありますが、これは天体写真の撮影にも使われる上級者向けの架台です。