鏡筒

鏡筒(きょうとう)とは、上の写真の青線で囲んだ部分のことです。対物(たいぶつ)フード、対物レンズ、筒、接眼部(せつがんぶ)で構成されており、これらの各部分は一体になっていて、分解することはできません。

まれに、白い筒の部分だけをさして鏡筒部と呼ぶこともあります。

対物フード(黒い筒の部分)と白い筒の部分の境目に、セルと呼ばれる枠に収まった対物レンズがあります。

赤線で囲んだ接眼部と呼ばれる部分に、天頂ミラーを差込み、天頂ミラーに接眼レンズを差し込んで使います。