収差

収差とは、レンズを通して何かを見るときに、その像に生じる歪みのことです。一般的にはこの収差が少なければ少ないほど良いです。

この説明は専門的な視点から見れば正確ではありませんので、より専門的な説明は、別途 wikipedia 等をごらんください。

参考リンク: wikipedia 収差 (外部サイト)