スコープテック アトラス60天体望遠鏡セット

価格 27,900円(税・送料・手数料込)

鏡筒架台+三脚+接眼レンズ(3個)、天頂ミラーがセットになっており、これだけで、すぐに天体観察を始められます。 星空観察ガイドブックも付属します。

在庫あります。

営業日、正午12時までのご注文を翌営業日までに発送。

お届けまでの日程は、「スコープタウン在庫・発送・お届けのポリシー」をごらんください。返品期限、返品条件についてはこちらをごらんください。

オプションを選んで「かごに入れる」をクリック!

オプション プラネタリウムソフト スーパースター + 1,000円
オプション こども天体観察図鑑(星座早見盤付き) +880円
オプション 6×30光学ファインダー +4,100円
オプション スマホでカンタン月面撮影 「クリップアダプタ」+2,580円
オプション 日めくりカレンダー 星空ごよみ 2020 +1,320円

アトラス60とコンパクトカメラで撮影した月

「見える!」保証

  • 月のクレーターが驚くほどシャープに見えます。
  • 土星のリングが見えます。土星本体の模様、衛星が見えます。
  • 木星の衛星、木星の模様の詳細が見えます。
  • メシエ番号のついたほとんどの星雲星団が見えます。

製品詳細

対物レンズ アクロマートレンズ(口径60mm/焦点距離800mm/日本製/モノコート/コリメーターによる分解能検査済み/精度はニュートン環3本以下)
ファインダー のぞき穴ファインダー(別売りオプションとして、6X30ファインダーセット)
接眼レンズの差し込み径 24.5mm/31.7mm
接眼レンズ K.20mm(40倍/24.5mm径)、F.12.5mm(64倍/24.5mm径)、Or.6mm(133倍/24.5mm径)
架台 上下・水平両軸とも全周微動装置付きの経緯台 
三脚 金属製三脚(開き止めつき/伸縮機能あり)
その他付属品 天頂ミラー 、31.7-24.5接眼アダプター、フレキシブルハンドル(硬質ゴム製)、組立・取扱説明書、オリジナルの「星空ガイドブック」(カラー56ページ)
三脚の長さ 最短75センチ 最長125センチ  脚を開いて地面から望遠鏡接続部分まで125センチ (ページ下方に「設置スペース側面図」あります。)
総重量(三脚込み) 4.5kg
生産国 日本
梱包(箱)サイズ94センチ × 26センチ × 15センチ
ページ下部に荷姿の写真あります。

保証期間

保証期間は3年です。長期にわたり安心してお使い頂けます。

スコープテック製品について

下記のコラムやQ&Aでは、全てのスコープテック製品に共通する説明がごらんいただけます。

コラム:「スコープテックが大切にしていること」

Q&A:「初心者にとって理想的な望遠鏡ってどんなものですか?」

コラム:「驚くほど見える」天体望遠鏡の作り方。他社との違いは?

アトラス60について

ラプトルシリーズは確かに自信を持っておすすめできる望遠鏡ですが、長く使い続けることを想定し、予算が許すのであれば、なんとかこのアトラス60に手を伸ばしていただきたいところです。

手ごろな重量と高い性能、そして何よりこの価格は、世界中にある天体望遠鏡の中でも最高といえるグッドバランス。迷ったらこれです!

アトラス60は、理科の授業で天体に興味を持った9~10歳の子供が自分で操作でき、大人になってからも使い続けられる、最初の本格的望遠鏡として開発されました。発売以来、わずか1年半で売上累計1000台を突破した大人気機種です。

高い性能と、初心者に向けた商品作りが評価され、国立天文台、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本天文学会などで構成される、世界天文年日本委員会より、世界天文年セレクションを受賞しました。

「驚くほど見える」「簡単に使える」というスコープテックのコンセプトを、高いレベルで形にしたのが、アトラス60です。

頑丈な架台

倍率を最高まで上げたとき、アトラス60(最高倍率133倍)はラプトル60(最高倍率87.5倍)と比べて、見える星像の大きさが約2.3倍(面積比)となります。

ただ星を眺めるのではなく、月の地形や土星の輪、木星の模様などを細部まで観察したいと思ったとき、100倍以上の倍率が欲しくなります。

望遠鏡を100倍以上の高倍率にすることは、接眼レンズさえ対応させれば簡単にできることです。しかしブレのない快適な導入追尾のために、架台や三脚には、その倍率に耐えられるだけの頑丈さと、高い精度が求められます。

アトラスの架台は、100倍以上の倍率にあわせて、精密に組み立てられています。精度の高い部品を使い、日本人の職人が、ひとつ一つ丁寧に調整しました。上下水平ともに微動装置が付き、133倍の最高倍率に対して十分な精度があり、ブレが少なく、快適な 導入追尾 が可能です。

高倍率の星空観察で必要になる微動ハンドル

アトラス60の架台は頑丈なだけではありません。133倍という高倍率での観察には必須といえる微動ハンドルが実装されています。

下の図はアトラス60の架台部分を真横から見たものです。二つの微動ハンドルがあります。この微動ハンドルを回転させると、それぞれ上下方向、水平方向にゆっくりと望遠鏡の向きを動かすことができます。

133倍まで倍率を上げたとき、望遠鏡の視野のはじからはじまでを、惑星などの天体が横切るのにかかる時間はわずか1分20秒です。

その天体を追いかけるためには、天体望遠鏡の向きを少しずつ動かす必要があります。

しかし、わずかに向きを動かしたつもりでも、望遠鏡の視野においては、その動きが133倍に拡大されるため、思った以上に大きく動いてしまい、場合によっては天体が視野の外にはみ出てしまいます。一度視野から天体が出てしまうと、またはじめから 導入 しなくてはなりません。

その時に役に立つのがこの微動ハンドルです。この微動ハンドルを回転させると、望遠鏡の向きが、少しずつ動きます。この便利さは使ってみないことにはなかなか伝わりませんが、一般的には100倍を超えたあたりから微動ハンドルが欲しくなるという方が多いようです。

高精度な日本製対物レンズ 

スコープテックの「驚くほど見える」を支える、高精度な日本製対物レンズと、そのレンズを最大限生かすための内面処理。

もちろん、低倍率でも中国製のレンズとの差は歴然としていますが、100倍を超える高倍率ではその性能が最大限に発揮されます。この高解像度で2万円台ならきっとご納得いただけます。

小学校の椅子とほぼ同じ、4.5kgの軽量

133倍の高倍率、日本製レンズによる極めて細密で美しい星像、頑丈な架台に支えられた、快適な 導入追尾 。それらをふまえて、さらに注目したいポイントがあります。

それはアトラス60の重量です。

アトラス60は4.5kg。これは、女性や子供でも簡単に持ち上げることができる重さです。毎日外に出して使う望遠鏡として、この手軽さはありがたいです。

この性能、この価格、この重量は、まさしく「ベストバランス」。アトラス60の他に世界中のどこを探しても存在しません。

もちろん付いてる! 「のぞき穴ファインダー」

通常、天体望遠鏡には光学ファインダーという、小さな望遠鏡が付属し、天体望遠鏡を目あての星の方向に向ける際の補助として使われます。しかしこのファインダーは調整が難しく、初心者が望遠鏡を使う際の障害になっていました。

そのファインダーを初心者の立場から一度考え直し、実用性を追求したのが「のぞき穴ファインダー」です。シンプルな構造で、だれでもすぐに使いこなせます。

アトラスには、オプションで光学ファインダーを付属させることもできますが、これが必要になるのは当分先のこと。街中や住宅地を拠点に天体観察をする限りは、あまり必要になることがありません。

簡単な組立・操作と、フリーダイヤルによる安心のサポート

アトラスは、10歳以上の人なら誰でも組み立てて操作することができます。下の動画を見て、確認してください。

動画を見ても不安ですか? ご安心ください。お買い上げ後はスコープテックの経験豊富なスタッフが、フリーダイヤル0800-600-5759とメールで、使いこなせるまでサポートします。

SCOPETECH 星空観察ガイド

星空観察ガイド

藤井旭氏が監修し、星の手帖社が編集したA4オールカラー51ページの、オリジナル『星空観察ガイド』が付属します。詳しい内容は左の写真をクリック。

これまで2万人が登録! 『星空情報メール』

『星空情報メール』というメールマガジンを毎月無料で配信しています。

『星空観察ガイド』で天文の基本的な知識を解説していますが、リアルタイムの天体情報はカバーしていません。『星空情報メール』では毎月、ホットな星空情報をお届けしています。

同じ内容を、このウェブサイトでも公開しています。最新の『天文ニュース』はこちら。

メールマガジンの登録はこちらから。(ご注文の際、「今後当店からのお知らせメールを受け取りますか」を「はい」にすることでも、登録されます。)

参考写真

オプションの光学ファインダー

アトラス60

設置スペース側面図

上記図版の印刷用PDFファイルはこちら。


※ファインダースコープは別売りです。

お客様の声

以前アトラス60を購入させて頂いた、Kです。 最近息子と一緒に月を観測しています。あまりにも綺麗に見えるので 子供が、写真に残したいと言い出しました。

(Kさん / アトラス60)

テレビでみたスコープテックのみなさんの暑苦しいほどの(失礼!)物作りに対する熱意に興味も無かった望遠鏡を買ってしまいました。生活必需品でもない望遠鏡にあそこまで情熱を掛けているのはなんでだろう?私としては不思議でした。 月と教えて頂いた木星を望遠鏡で見て、お二人がなんで生活するには役立たずの望遠鏡にあそこまで情熱を掛けているのか、一気に疑問が氷解しましたよ!地球上の上でも点に過ぎない場所でしか活動していない私たちに、あんな素晴らしいアウタースペースの広漠たる宇宙空間を見て貰いたい。みんなに知って貰いたい!という情熱なんですね。 いや望遠鏡っていうのは、凄い道具です!なんてったって普段は、会社や学校と家を電車で往復しているサラリーマン家族の眼を一気に宇宙に向けたのです! サラリーマン生活自体や都会暮らしが変わるわけではないですが、家族全員、これからは新しい視点を得たような気がして、さっきまで家族全員で地球や宇宙に関して語り合っちゃいました。 これからもがんばってくださいね! 夢を売る仕事、素敵です!

(東京都 Fさん / アトラス60)

アトラス60をテレビで見て購入しました。テレビで写っていたアトラス60で写した月より、実際に覗いた方が良く見えて驚きました。誇大広告が多い中、あっぱれです!しかしながらテレビの画像は、せっかくですからもっと良く写ったものにすれば良かったのではないですか。もったいない!

(長野県 Oさん / アトラス60)

先日はお電話で、ご親切にいろいろとご説明下さりありがとうございました! 昨夜、少し雲が多めでしたがやっと月が出ていましたので、早速望遠鏡で見てみました ら、もうビックリ(@@)!一番倍率の高いレンズでみたらちゃんとクレータまで見えました!レンズを通して、自分の目で月の表面を見れるなんて家族全員で感動の嵐でした!! 娘が ”ママ~、月にいん石がぶつかった跡まで見える!”っと言って、ビックバンがあった時の事などが頭に浮かび、想像の世界が鮮明に広がったような気がしま した。娘が星も見たいと言っておりましたが、昨夜は星が全然見えず、あきらめておりましたが、23時位に一つだけ、とても明るい星を見つけ、見てみたとこ、見えました!月のような鮮明さはありませんが、月とは明らかに違っていて、 月よりなめらかな感じできれいな円でした。娘も大喜びで、”星って本当は丸いのに、 なんで絵に書くときはああいう書き方をするんだろー??”っと・・・。そして、昨夜見た1つだけキラキラと輝くその星はずっと前から夜空をみている時に見つけると、”いつも輝いていてくれてありがと。”とか困った時には”見守っていてね ” 等と語りかけていた星だったのです! 今回も、その星に ”すばらしい天体望遠鏡を作って下さった方々とスコープタウンの皆様、そして今村さ んにめぐり合わせて下さって、どうもありがとう!”っと伝えました。 家族全員、アトラス60で月や星を見つける虜になっております。 本当にこの望遠鏡を作るのに携わって下さいました方々、どんな質問でも解りやすく教えてくださいます今村さんに、心より感謝です! 長々とすみません。どうしても感動をお伝えしたくて・・・。今夜も昨日より晴れてい て月が見えますので、娘が必死に調整しています。 どうもありがとうございました(^^)/

(神奈川県 Kさん / アトラス60)

関連記事